しゃけっとKUSHIRO

「しゃけっと」は「みんなで釧路(K)をshapingする(形作る)」の想いと釧路の特産・鮭を掛け合わせて名付けました。釧路の魅力を、釧路と日本一の観光地域・関西を繋げ、潜在性の高い観光を軸に、未来に向けて釧路の地元で経済を作っていける活動をします。

地元の方々、出身者、釧路のファンが一緒になって形作ることを目指します。



《未来の地域経済のために、釧路の地域観光ファンクラブを作りたい!》
クラウドファンディングFAAVO ご支援頂き有難うございました!

「しゃけっと」の活動指針

× 「しゃけっと」が儲かる仕組み
× 「関西のやり方」を押し付ける
× 主役は「しゃけっと」
× 釧路にお金を払ってもらう

◎ 釧路が一番潤う
◎ 釧路流に意見を伺い進める
◎ 主役は「釧路の皆さん」
◎ 釧路のファンに応援いただく


釧路の地元の方/釧路出身者/釧路が好きなファン



観光を軸に皆で釧路の経済を形作っていく

「釧路 − 関西」の活動の意義と観光産業



観光産業の将来性


政府目標として、2030年までに2015年の3倍の外国人観光客を見込む。 またそれに伴い、観光消費を拡大させ、さらに地方部へ観光客を分散させようとしている。 最近の観光庁関連のセミナーでも東京よりも地方部を推している傾向にあり、過疎化・東京一極集中により衰退する地方部の経済起爆剤として考えているのがよくわかる。 大阪では地元の取り組みも功を奏し、日本で一番の観光都市として、急成長を続けている。




なぜ、観光産業なのか?

旅行に来る人の多くは都市部に住む人たち

最初のきっかけはその人それぞれ    
・自然や地元の食を楽しみたい     
・日常のイライラを忘れたい      
・今まで経験したことのないことをしたい

普段の日常生活で味わえないことを体験するので、その旅先でたくさんのお金を使っていきます。



「観光産業→多くの人が訪れる→たくさんお金を使ってくれる→地元の経済が潤う」

更には、リピーターが増えれば、もしかしたら、住みたい!と思う人が増えるかもしれない。 また経済が廻れば仕事不足で都会に出ざるを得ない将来の子供もその街に住むことができる。 観光産業をメインにして新しいビジネスを起こしたい。様々な事業が生まれて来るのです。


釧路にはこんなにある!

釧路湿原をはじめとする自然景観。北海道の他の地方にも真似できない。また安定した気候も魅力



幣舞橋の夕日。これも日本の他の街には真似できず、アジア圏でもなかなかこの景観は持っていない。

アイヌ文化・・・伝統文化は他の地域には絶対に真似できないもの。

食事だって・・・釧路の海産物・農作物だけでなく、茶そば文化など、非常にレアなものが多い。

釧路には訪れてくれるきっかけになるものがたくさんあります。 北海道の札幌や富良野、函館、小樽と違うのは自然が溢れているということ、 そして道東の十勝・オホーツク地方と異なるのは、釧路市というある程度の規模の中枢都市があるため、 長期滞在でも飽きないことがあげられ、また気候も安定しているところは最大の魅力。 あとは、釧路の街にもっと観光を通してお金を落としてくれるようになっていければ、経済の活性化に1つ繋がっていきます!

釧路の観光産業の将来性

LCC Peachの釧路~関空の就航!(2018年8月) 釧路~関西が片道最安値5,280円~行き来できる時代が来ました。
Peachの主要利用層は20~30代の女性で、台湾でも人気があり、多くの外国人観光客も利用しています。 Peachは関西~仙台・新潟・石垣島など多くの地方路線を成功させている実績もあり、釧路にも新しいチャンスが訪れます!

道東自動車道の延伸もあるし、LCCの就航に加えて観光客が過去最高の記録を伸ばしている釧路の観光産業。 でもまだまだ市の総生産3.6%しか占めていない。世界の平均は実は10%。日本平均でもまだ3%ほどなので、日本全体の課題ではありますが、今の状態でも3倍は単純に観光産業で期待はできるのです。 しかし!数年~数十年はかかることは覚悟しなければなりません。


  • たくさん釧路に人が来るPRは皆さんにお任せ!


    多くの方が活動されているので、その活動をもっと活かせるように「しゃけっと」は行動します。

    釧路に来た人がたくさんお金を使ってくれて、
    釧路ファンになってくれて。

    また来たい、一度住んでみたい。
    あるいは地元の学生がこの街で仕事をしたい。


    そう思ってもらえるような動きを
    「しゃけっと」では行なっていきます!

必要資金の基本的な考え方

まず、観光振興に必要なお金は原則として釧路ファンから集めます。
主にクラウドファンディングを活用して、観光への取り組み、ビジョンに共感いただき、支援をいただきます。
多くの地方創生のモデルは何故か釧路が出資する事が多かったのですが、私たちはまずそういうことはしません。
何故なら釧路の街から見ると経済がマイナスするからです。御礼に釧路の名物や観光チケットなどを渡し、より釧路を身近に感じていただけるようにします。

Shaping × Kushiro観光を軸に皆で釧路の経済を形作っていく

しゃけっと Member

  • Team Member

    秋葉 令奈 Akiba Rena

    私は釧路出身で、現在は大阪を拠点に「釧路と関西を繋ぐご当地アイドル」として活動をしております。釧路には2か月に1度の頻度で帰り、地元ラジオ局や地域のイベントなどに出演させていただき、いつも地元の皆様の笑顔に元気を頂いてきました。北海道以外では「釧路」の知名度はまだまだ低く、より多くの方々に知っていただきたいと釧路をPRする活動を自ら主体で動いています。「しゃけっとKUSHIRO」を通じて皆さんと釧路と繋ぐことを目指していきたいです。

    Team Member

    入江 真太郎 Irie Shintaro

    私は転勤族の家庭に生まれたこともあり、地元がありません。今まで47都道府県全てを旅してきた中で、北海道の魅力にハマり、ファンとなりました。中でも釧路は本当に日本とは思えない雄大な自然を要していて、人も温かい。だけど今は少子高齢化と大都市への若手の流出が大きな問題となっています。この対策は観光産業です。今まで旅行・観光産業に関わった経験を活かして、地元の皆様・出身者・私のようなファンが一体となって、観光産業から、より明るい釧路を目指して「しゃけっとKUSHIRO」頑張りたいと思います!

    Team Member

    三木 友浩 Miki Tomohiro

    "釧路と関西をつなぐご当地アイドル"「秋葉令奈」の運営として釧路と関西を行き来しています。釧路に行く度に「釧路の元気のために何かしたい」という熱い想いを持った人々の連帯の輪が、少しずつ、でも着実に広まっていることを実感します。これこそが地域活性化の原動力です。今「釧路が大好き!」という想いが集まれば、今よりなお活気と笑顔にあふれた釧路になるでしょう。一人でも多くの皆さまのご支援をお待ちしております。

Subscribe to stay in the loop

Drop us a line